メニュー

肺炎球菌ワクチン

高齢者の肺炎球菌感染症の定期接種です

 

平成26年度から令和5年度までは、経過措置で、各年度中に65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳になる方を対象としてきましたが、令和6年4月1日から、65歳の方のみが対象となりました。

令和6年度の接種対象者

 松山市に住民登録があり、次の(1)または(2)に該当する方が対象です。
 ただし、過去に「23価肺炎球菌ワクチン(23価肺炎球菌莢膜かはいえんきゅうきんきょうまくポリサッカライドワクチン、商品名:ニューモバックスNP)」を使用して、肺炎球菌感染症の予防接種を受けたことがある方は対象となりません。 ※任意接種(全額自費)で接種済の方も含みます。

(1)接種時に65歳の方
 ※定期接種の機会は65歳の1年間です。接種希望の方は、接種の機会を逃さないようにご注意ください。


(2)接種時に60歳から65歳未満の方で、心臓、腎臓、呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活活動が極度に制限される程度の障がいやヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障がいがある方(身体障害者手帳1級相当)

※定期接種は(1)(2)を通して生涯で1回のみです。

 

費用:1回 4,000円(公費補助)

上記の期間を過ぎたり、公費対象外の方は、1回 8,000円(自費)となります

 

肺炎球菌ワクチンは、肺炎球菌による肺炎などの感染症を予防し、重症化を防ぎます。

肺炎は、日本人の死因の第3位を占めています。その原因菌として最も多いのが肺炎球菌です

無症状のまま鼻やのどに定着していることも多いのですが、免疫力の低下など何かをきっかけとして、肺炎、敗血症、髄膜炎など重篤な感染症を引き起こすことがあります。

肺炎で亡くなる人の97.6%は65歳以上です

年をとるとともに身体の機能は衰え、病気に対する抵抗力(免疫力) も低下し、肺炎のリスクが増加します。

ワクチンを希望される方は、ぜひ一度ご相談ください。

 

松山市 肺炎球菌ワクチン

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME